ご近所さんとのお金の貸し借りについて

ご近所さんとのお金の貸し借りについて、私の両親のお話です。私の父親は常々貸したお金は返ってこないものとして考えなさいと母親にいつも話をしていました。当然私もその話を身近で聞いていましたので大人になってもそれは心得ているつもりです。実際に母親が少し男と金に困った近所の方に 20万円を貸したことからこの話は始まっています。

それほど我が家ではお金に困っていたわけでもないのでお金の融通を依頼された時にも母親は深い理由も聞かずに近所の方にお金を貸してしまったそうです。しかしながらそのお金をなかなか開始もらうことができず、結局はなかなか返済のお願いもできずにうやむやになってしまいました。

その時に父親が母親に対して戒めとして述べた言葉が冒頭の言葉です。

いかに親しい中であろうともお金を貸し借りすると言うことは基本的にはやってはなりません。仮に行うのであれば貸したお金が返ってこないと言う前提で動くことが当然です。