借金できるのは平日の昼間の時間だけではない

カードローンなど各種キャッシングサービスを提供している金融機関と言えば、銀行と消費者金融です。金融機関で借入する場合、多くの人は平日の昼間に手続きしなければならないと考えているのではないでしょうか。融資金の振込手続きは、原則銀行の営業時間内に行わなければなりません。大半の銀行の営業時間は平日の9時から15時までとなっています。それ以外の時間は銀行預金口座に振込ができないと考えてしまい、借入手続きができないという認識を持ってしまうのです。

しかし銀行と消費者金融で借金できるのは、平日の昼間の時間だけではありません。平日の夜間や土日祝日でも借入可能です。消費者金融の場合、平日も祝日も夜遅い時間まで融資の手続きができます。そのため、夕方の時間に借金の申込手続きをした場合でも、即日融資が受けられます。またいくつかの銀行では消費者金融と同じように、夜間や土日祝日でも借金の手続きができるようになっています。平日の昼間の時間しか借金ができないという認識は大きな間違いなのです。

お金を借りすぎてしまうと、今まで内緒にしていた親バレしてしまったりなどデメリットが大きいもの。お金は必要以上に借りすぎないことが、何よりのポイントですよ。

万が一返済に困ったら、引き落とし日(返済日)が来る前に、カード会社などにその旨を説明し、支払回数の変更などの措置を取ってもらいましょう。

今月は、ちょっと返せないなと感じたら、その時点で連絡するのがコツであり、利息は多少掛かってしまいますが、一月あたりの返済金額が少なくなるので時間的な猶予が生まれます。

その時にぜひ検討したいのが、副業などで収入源を増やすことではないでしょうか。ついつい、お金を借りすぎてしまう原因には、ボーナスなど会社からの収入のみをアテにしているのが大きいのです。

仮に、副業で3万円稼げれば生活費の補てんにもなりますし、副業することによりパチンコなどの無駄なお金を使う機会が減りますので、収入増と節約の相乗効果がありますよ。

実際に、副業が軌道により無事完済できたので、諦めないことがカギを握りますよ。
私は借金をしてから様々なビジネスに出会うことができました。
住宅ローン返済のためには今の収入では贅沢できないと思い、本職以外に副業をいくつか始めるようになりました。
今までは自分の稼いだお金でなんとか毎月しのいでいかなければならないと思っていましたが多くの人からビジネスの助言を頂き少しずつではありますが成果が出てきています。

借金をしなければ今まで通り働いていたと思いますが、今のままではダメだと借金をして気づきました。
さらに夫婦で副業を始めたので可能性はさらに広がりました。

住宅ローンを組んだ時はこの先大丈夫かと不安でいっぱいでしたが、今では50代に住宅ローンの返済という目標ができました。
借金したことにより新しいことに出会い、多くの事を学びました。

今までは新しい事を始めるのに凄い躊躇しましたが今では、なんでもやってみようと意欲的になりました。
借金を返すという目標ですが家族にとってはいい糧にになりました。
借金返済という目標のおかげで色んな事にチャレンジすることができました。

 

PR|英語上達の秘訣|童話|お家の見直ししま専科|お小遣いNET|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|初値予想|ショッピングカート|サプリメント|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney|オーディオ|アフィリエイト相互リンク|JALカード|家計見直しクラブ|